事業内容

 

一般社団法人「恵育会」は、現在ファミリーホーム「恵みの家」を運営しています。

 

 

「すべての児童にあたり前の家庭生活を」

 

 

をモットーに、様々な事情で実親のもとで生活できない児童をお預かりし、ごくあたり前の家庭環境で養育しています。

 

家庭である形態を崩すことなく、一般家庭で彼らが経験するであろうすべてのことを体験させようと努めています。
また、委託を受けた多くの児童は、不適切な家庭環境の下で生活していたので心身に大きな痛手を受けています。私たちは、彼らが抱えている心身の痛手をケアしていくことにも心を砕いております。

 

受託児童

 

 

現在は、ファミリーホーム「恵みの家」で6名の児童を受託しています。

 

それぞれに問題を抱えてホームにやって来ましたが、家族みんなで問題を共有し、助け合って生活する中で徐々に克服して来ています。
今はみんな落ち着いた生活を送っています。

 

今までに受け入れて来た児童の問題は、不登校、家庭内暴力、万引き、引きこもり、自傷行為、知的障がい、精神障がい、身体障がい、発達障がい、盗癖、拒食症など様々でした。
しかし、ホーム職員の努力、児童相談所や学校関係者の協力、児童間の相互作用もあり、少なからず改善してホームを巣立っていきました。それが何よりの私たちへの素晴らしい報いでした。

 

 

 

恵育会は全部で5つのファミリーホームを運営しています!

 

次のページ